日本の心を忘れない。

瑞穂黒松剣菱 / 剣菱酒造

輝きのあるやや濃い目のレモンイエロー 粘性は充分

香りは豊かでボリューム感があり、熟成感も感じられる。

生アーモンド、栗、マッシュルームやカマンベール、食パン。

複雑だがそれぞれの要素は綺麗にまとまっている印象。

アタックは力強く濃醇。口に含むとすぐに円熟味のある味わいが広がる。

ほのかな甘味を伴う厚みのある旨味が味わいの中心にあり、確かな苦味もあるが旨味とのバランスと相まってよりボディに骨格を与える。滑らかな酸味はボディに優しく溶け込み、ナッツやカラメルの香りと共に余韻に繋がるコクを伴った極めてドライなフィニッシュ。

熟成感はありながらも枯れた感じはなく、エネルギッシュな印象。

Mizuho Kuromatsu Kenbishi / Kenbishi Sake Brewery

Appearance is Bright, Dark Lemon yellow. Enough viscosity.

The nose is rich and I can also feel the maturity.

Raw almonds, chestnuts, mushrooms and camembert, bread.

The impression is that each element is complicated but neatly organized.

The attack is powerful and rich. As soon as I put it in your mouth, it will have a mature taste.

The thick umami with a slight sweetness is at the center of the taste, and although it has a certain bitterness, it gives a more powerful to the body in combination with the umami. The smooth acidity gently dissolves in the body, giving it an extremely dry finish with a rich scent of nuts and caramel and a lingering finish.

There is a feeling of maturity, but there is no feeling of withering, and an energetic impression.

ナッツの香りを伴った厚みのある旨みを楽しみたいので霜降り牛のしゃぶしゃぶや、ダブルコンソメやオイルサーディン、鶏肉のピカーダや肉骨茶など旨みの強くオイリーさのある料理と楽しみたい。

剣菱酒造は特定名称(純米とか、本醸造とか)や精米歩合を表記してません。

彼らの家訓は「止まった時計であれ」ということだそうです。

流行に囚われず、自身が美味しいというもの、そして伝統を守りなさい。

、、、かっこいいですよね。

これもある意味のテロワールだと思います。

こんなご時世だからこそもっと考えるべきことはたくさんある。

日本人として、ソムリエとして。

そんなことを思わせるテイスティングでした。

This “Kenbishi” brewery is very proud of its own philosophy and taste. They are very cool sake breweries that are not caught in fashion.

And I want to continue to believe in myself like them!

剣菱酒造株式会社 www.kenbishi.co.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。